エアライン・CAの証明写真【フォトスタジオ エアライツ】

写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

不納得の際は【全額返金制度あり】・雑誌「JJ」さんの就活企画でも「気品と美しさを兼ね備えたエアライツの技術力は絶品の技!」「写真が上手すぎるスタジオ!」としておすすめ写真館に選ばれました。横浜市港北区新横浜にあるフォトスタジオです。新横浜駅 徒歩7分

社会人が履歴書に照明写真を貼る場合に、服装はカジュアルなものではなくスーツです。男性の場合のスーツは黒色か、もしくは紺色のスーツを選びます。派手になり過ぎない落ち着き或るネクタイをして、中に着用をするシャツは白の無地です。カジュアルに見えてしまうことから、ボタンダウンシャツは最初から選びません。しっかりとネクタイは締めること、上の方までシャツのボタンもキチンと留める基本を崩さないことです。ヘアスタイルはロングヘアはNGであり、スッキリとした短髪にすること、ナチュラルにまとめるために、ワックスなどを使用すると上手にまとまります。ヘアスプレーやヘアワックスを使用するにあたり、ハードに固めすぎたり、バンドマン並みに髪の毛を立たせすぎてはいけません。女性の場合もスーツスタイルであり、色は黒化紺色を選ぶことです。中に合わせるのは白色の清潔感或るブラウス、もしくはカットソーでも構いません。カットソーをインナーとして選ぶときには、デザインがシンプルであること、加えて胸元がオープンすぎるタイプは却下です。照明写真撮影時には表情がわかるようにするので、女性の髪型もそれを意識する必要があります。眉毛や目に前髪がかからないようにしますので、横に髪の毛を流したり、髪の毛を分けるなどすることです。ヘアスタイルでもしもサイドの髪の毛が長いようならば、ヘアゴムで結んだり、後ろ方向へ流すなどします。さらに女子はメイクもしますが、濃い色のポイントメイクをするのは向いていません。普段の遊びの時ならくっきりアイライナーも、濃い色のマスカラも使えますが、照明写真撮影時には避けるようにします。顔いろの血色がよく見える、写真からも清潔感がわかるメイクを心掛けることです。顔色をはつらつと良く見せるためにはチークをほのかにいれて、柔らかいピンク色のリップを使います。社会人の転職の証明写真は基本スーツですが、アルバイトやパートの履歴書の証明写真は、私服でも良いケースがあります。
<<詳細情報:ビジネス>>