新築一戸建てなど東大阪市・大東市の不動産なら【東大阪不動産販売】

不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東大阪市・大東市で新築一戸建てをはじめ不動産をお探しなら【東大阪不動産販売】にお任せ!最新情報も毎日更新♪仲介手数料が「最大無料、または半額!」お客様に気持ちよくご購入いただくことが弊社のモットーです。会員登録されますと限定物件がご覧になれます。

投資に興味がある場合には、不動産投資をしてみるというのも一つの方法です。不動産投資のメリットとして、節税効果や副収入を得られることが挙げられます。不動産投資では、減価償却というものを行うと節税効果を得られることになるため、うまく活用していきましょう。減価償却は、費用計上を数年かけて行うことです。また、相続税などでも節税効果を得ることができます。不動産投資では、アパートやマンションなどの収益用不動産の場合、相続税評価額を下げることができ、結果として節税効果を得ることができます。不動産投資で副収入を得るというのは、アパートやマンションの入居者から家賃を得ることにより収入を得ることができるため、経費や返済など行いつつ手元にキャッシュフローを残せる状態が維持できれば、安定した副収入となるでしょう。それ以外にもいくつかメリットもありますが、メリットだけではなくデメリットなどもある程度把握しておくことが大切です。不動産投資でデメリットは、空き室リスクや滞納リスクです。アパートやマンションに関して、すべてが入居者で埋まっている状態が理想ですが、現実的に考えて常に空き室がない状態を維持できるかというとそうではありません。状況によっては、なかなか空き室が埋まらないなどの問題を抱えることもあります。空き室が多いと、その分家賃収入が減るため、安定した副収入を得られる状態をキープできるか難しくなってしまうでしょう。また、空き室が埋まったとしても、きちんと家賃を払ってくれるかどうかという滞納リスクなどもあります。入居しているのだから、家賃を払うのは常識と思う人も多いでしょうが、人によっては、滞納癖のある人などもいます。お金がなくて家賃を優先的に支払わず滞納する人もでてきます。そのため、計画的に家賃収入によって副収入を得たくても、そこに入る入居者の金銭的な事情や性格的な問題などが滞納リスクにつながる傾向があります。
<<詳細情報:住宅>>