横浜のリフォーム/戸建て・マンションの内装工事なら「ホームクリエイション」

キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

横浜でリフォーム・内装工事・クロス張り替えをご検討中のお客様は「株式会社ホームクリエイション」へ。戸建て・マンションの洗面台・水回り・キッチンなど幅広いリフォーム・内装工事を高い技術を持った熟練の職人が、低料金で質の高い施工を致します。アフターケアまでしっかり対応。横浜市南区在住の方には南区割が適用されます。

元々、6DK程度の実家に両親、兄弟などの大家族で住み、結婚を機に大都市圏に出て賃貸暮らしを始めて中高年になった子供には実家が羨ましい限りの住宅事情でしょう。今や、大都市圏で暮らすサラリーマンが住まいを持つには多額のローン借入が不可欠になるほど、住宅購入は高根の花になってしまいました。しかも、不透明な経済状況なのでサラリーマンは定年までしっかり収入を得て多額のローン返済ができるのか、不安一杯な気持ちになっています。このような家計状況が昨今の実情ですから高齢になった両親の住む地域に子供家族が引越してくることになれば両親は大喜びするでしょう。持て余していた6DK程度の家を二世帯住宅にリフォームして暮らせばお互いにウイン~ウインの関係になりそうだと分かります。子供家族の方も多額のローン借入負担を避けられるので、この二世帯住宅住まいの計画を受け入れて両親の住む家をリフォームすることにするはずです。ところが、出費を抑える積りでトイレや洗面所を別々にし、台所や風呂などを共用のままにするような二世帯住宅では後々で後悔しやすいといわれています。高度経済成長以後、生活様式の多様化したことが一緒に暮らしてみてびっくりするほど違ったことに気づくからのようです。生活する時間帯のずれや趣味、趣向の違いに始まり、食べるものやテレビの視聴番組の違いがあり過ぎて、親子といえども同居して暮らせないことに気づくようです。お互いに自分たちの考える生活スタイルが維持できずにこうした同居生活を我慢しているといずれ、仲違いの喧嘩状態となってしまいそうです。子供家族が飛び出していって二度と元へ戻らない関係になってしまうケースもありそうです。こうなれば折角二世帯住宅にリフォームしたことが仇となり、家族全員に後悔だけが残ってしまいます。多くの家庭にとって家族揃って仲良く暮らせることが幸せの目標でしょう。二世帯住宅を検討する時はリフォーム工事の出費を余り抑制すると目標達成が遠のきそうです。従って、身内同士の二世帯住宅といえども玄関から勝手口迄全く別々にし、別々に生活するなどの策を講ずることが基本的な処方箋のようです。
<<詳細情報:住宅>>