お一人・単身のお引越|キタザワ引越センターへ

運送の関連情報

運送(うんそう)とは、請負により貨物や旅客を輸送すること。個々の契約や行為ではなく、その事業やインフラについていう場合は、しばしば運輸(うんゆ)という語に置きかえられる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

キタザワ引越センターのお一人様向け引越プランです。スタンダード・デラックスプランなど各種プランがございます。単身でお引っ越しを希望される方は「単身カーゴパック」もおススメです。全国どこでも長距離にも対応。ちょっとした家具・家電の配送にもご利用いただいております。

引っ越しをする理由は、人それぞれで違います。進学や就職、転勤によるものが一般例でしょう。進学や就職となれば、単身での引っ越しが多いはず、引っ越しサービス業者を利用すべきか、それとも家族や友人に手伝ってもらうべきか、悩むようです。近い距離でならば、個人でも引っ越しは可能でしょう。しかし遠方で、荷物もそれなりに新居に持っていくのならば、トラックが必要になります。単身パックならば、トラックの荷台に積めるだけ積め込めて、数万円ほどで引っ越しができます。また、アパートやマンションならば、荷物の搬出入で、柱や扉に傷を付けないとも限りません。業者ならば、傷を付けずに作業してくれますし、壁や柱、家具などにはクッション材を用いて保護しています。この傷は、賃貸契約での敷金から支払うことにもなりますから、やはり業者に任せるのが利に適っています。また、引っ越す前と後の挨拶も業者が行ってくれるようで、お隣、上下階とのトラブルを未然に防ぐサービスは魅力的です。粗品となる箱ティッシュなどもプランに組み込まれています。引っ越しシーズンはやはり3月が多く、そのため、業者を利用するにもトラックの台数、スタッフの数にも限りがあります。大概、通常時の1割から3割増しとなる費用が発生するといわれていますから、相見積もりを依頼し、比較検討することで予算を抑えることも可能です。相見積もりは、業者同士で競り合う内容ですから、一番安く見積もるところが、契約を結ぶことになります。予算を抑えるには荷造りは自分で、配送のみを業者に任せることがポイントです。もちろん、初めての引っ越しならば、引っ越すまでの準備や用意するもの、その後必要となる手続きなどのチェックリストを業者から頂いておきましょう。それに従って作業を進めれば、取りこぼしもありません。特に、転居に伴う役場関係、電気やガス、水道関係の手続きなどは十分確認しておきたい項目です。
<<詳細情報:サービス>>